menu

藤田流儀

仕事紹介

技術系総合職

施工部門(施工監理職)

職人と作業をまとめ上げ、
理想をカタチにしていく現場の司令塔。

<商業施設・商業建築を中心とした物件の施工監理業務>

着工から引き渡しまで、現場に関わるすべての工程に責任を持って担当します。
施工監理が現場に常駐して監理する「一人一物件常駐監理」と、仮設・解体・内装・塗装など約30にも上る多様な工種を「分離発注制度」でモノづくりをおこなうのが当社の施工監理。そのため、より高い施工スキルを身につけることができ、実際にモノを作り上げていく楽しさを最前線で感じられます。後輩育成をおこなう頃には常駐監理を卒業し、現場に行かずとも現場監理が出来るプロフェッショナルへ成長できます。

営業部門(既存顧客営業職)

お客さまの理想をカタチにしていくため、
チームを導くリーダー。

<商業施設・商業建築を中心とした物件の営業窓口業務>

単なるお客様の窓口ではなく、設計・積算・現場など各担当からの情報をまとめ上げ、ゴールに向けて導く仕事です。
藤田建装の営業は技術的な知識も兼ね備え、お客様の想いをカタチにしていくためにあらゆる手段を尽くします。お客様からのご要望を受け入れるだけでなく、積極的に様々な可能性や選択肢を提示することで、信頼関係を構築する必要があります。
プロジェクトの最初から最後まで果たすべき役割を持つ、重要なポジションです。

営業部門(営業設計職)

お客様の理想・要望をつかみ、
具現化していくコーディネーター。

<お客様の窓口から設計・予算管理まで、一貫して担当する営業設計業務>

初動でお客様から直接ご要望を伺い、さまざまな提案・デザイン設計・図面作成・設計監理など、一気通貫で担当。設計に関する法的専門知識や幅広いノウハウが必要になりますが、その分、お客様からいただいた要望を自分の手で一つひとつ図面に反映させていくやりがいを感じられます。お客様や部内はもちろん、他部署とのコミュニケーション能力が求められ、リーダーシップを発揮できる業務です。

営業部門(積算職)

見積から現場の完成までを見通す、
強力なサポーター。

<商業施設・商業建築を中心とした物件の見積作成と、お客様との折衝業務>

図面から数量・資材・機器等を店舗の用途に合わせて適正に拾い「見積書」を作成。一見すると「守り」の仕事に思われるかもしれませんが、コストを削減しつつお客様の期待を超えたお見積を実現するために、直接お客様から情報をいただいたり、各協力会社様との情報共有も大切な仕事です。「分離発注制度」のため、各工種の細部まで確認が必要だからこそ精度の高い見積を作成できるようになります。

海外資材部門(家具総合職)

家具の品質とコストの両輪を担うスペシャリスト。

<「家具」に特化した、営業・積算・発注・輸入・納品設置の全体管理>

内装の中でも特に、海外工場とやりとりしながら家具を中心としたモノづくりをおこなう部署です。コストと納期を管理しながら、海外自社工場への見積・発注業務をおこなうのが主な仕事。スケジュール上、詳細図面なしで顧客の想いを汲んだ家具の制作発注をしなければならないこともありますが、そんな時こそ海外資材の腕の見せ所。家具や材料だけでなく、内装、貿易、顧客の業界研究など、幅広い知識が必要です。

設備部門(機械電気設備設計職)

店舗運営に欠かせない生命線を支える、
プロフェッショナル集団。

<店舗の照明・配線・空調・給排水など設備に関わる専門業務>

店舗の照明やコンセントを中心とする電気設備や、空調・換気扇に関する機械設備のプロフェッショナルです。設置する機器の選定から、設計工費の見積、発注を担当。関連する規制の情報や、機器の詳細な仕様まで幅広い知識を持ち、施工監理者のサポートをする仕事です。その専門知識から、店舗を彩り、裏側から支える重要な役割を持っています。

購買開発部門

最適なコストを管理し、パートナー企業との
より良いモノづくりのための橋渡し。

<ご協力いただける各専門業者様との折衝・選定・各種コスト分析業務>

店舗内装の業務は、藤田建装単独ではできません。一緒に汗を流してくださる専門の業者様がいてこそ完成します。 その重要な協力会社様との新規契約・管理・折衝・各種コストの分析を手掛けるのが購買開発の仕事です。 長い歴史を刻んできた藤田建装の協力会社は数千社にも上ります。お客さまの期待を超えたお見積を実現するためには、普段から密接な関係を築き、スムーズな提携が不可欠。そのパイプ役を担う、大切な業務を担当します。

総合職

管理部門(経理法務・人事総務)

広い視野で全体を見渡し、
会社を内側からよくしていく縁の下の力持ち。

<経理法務・人事総務など会社の内側を支える管理業務>

全体を見渡す広い視野を持って、藤田建装のことを把握し、縁の下の力持ちとなって会社を支えます。 経理・法律周りなど会社としての経営基盤を下支えする仕事と、社員の働きやすさのサポートという大きな2つの役割を担っています。会社や社員の状況を総合的に見極め、最適なあり方を常に考え続ける意識が求められます。どちらも、藤田建装が企業活動をおこなう上でとても重要な仕事です。

close