menu

緻密に一歩ずつ、昨日よりも確実に成長する。

積算職 F・Y

小さな工務店に就職した後、営業から施工監理まで、建築の仕事を一通り経験させてもらった。その中で、何かに特化してプロフェッショナルになりたいという想いを抱き、藤田建装へ。そこで足を踏み入れたのは、積算への道だった。もともと、最前線よりも後方支援でサポートしていくことのほうが性に合っていた。積算の仕事は、見積りをつくることだけじゃない。現場が働きやすいように、先回りしたサポートをしていくという重要な役割がある。私は、現場でやっていたからこそ、自分だったらこうしてほしいだろうという想像ができた。次第に、現場が私を頼ってくれるようになっていった。

監督経験をしたこともあり、今でもなるべく現場には足を運ぶようにしている。仕事は机の上で進んでいくわけじゃないから。そして、頭のなかで自分なりに一回現場を完成させる。現場の仕事のすすめかたがわかっている積算じゃなければ、施工からは信頼されないから。そして完成後は必ず、掛かった金額や職人の人数が、自分が立てた計画どおりに進んだかを確認することも忘れない。そうやって、一つひとつの仕事を丁寧に検証しながら、常に一歩ずつ成長していくことを大切にしたい。

  • エントリー

close